May 8, 2017

Posted by in BUDDHISM IN OTHER LANGUAGES | 9 Comments

クレージーハルマゲドン邪説及び天下一誇大妄想狂 (Điên đảo tà thuyết tận thế và những kẻ gọi là thiên hạ đệ nhất chém gió)

最近オピニオンは「マイヤー経」(中米メシコーのマイヤー古部族の古星占いのお告げみたいな伝説)の邪説により2012年12月21日が世の最後日であると確言されらということを忘れたようです。今天、地獄または鬼神中世でコンピューターを使っているのか。いいえ、私はベトナムの町にいる間違いない。それで、その星占いは疎い部族が古代長老(精神の威風を借り)の言葉を信用しちゃったの誇張を自分で暴いた。 この間、また二つのハルマゲドン邪説がもりあがってあり:(1)社会口論の泡を食うためにスプレッドの噂を作り、迷信カラーの神の話を作っている;(2)なにかの組織、個人のため、「魔を見えるように占い、ゴミを見えるように家を掃除する」というタイプのように古星占いのお告げを解読し方と探すが実際それは推測である。 ポルトガルのファチマで六回聖母マリアは三人の羊飼い子供に悲惨な争いについて予言した。 まず、ポルトガルのファチマで六回(最初は1917年5月13日だった)聖母マリアは三人の羊飼い子供の手前に表し、悲惨な争いについて予告した(2017年4月21日通信社のウェブサイトに掲載されたHOANGTRANGの記事による)。本記事により、聖母マリアはロシアはカトリックに改宗しないと、ゴッドがこの国を利用して、世界を破壊すると予告されたとHOANGTRANGにより翻訳された。この記事をざっと読んだら、誰もカトリック改宗の意図と思われる。ホラシオ・ヴィレガスは自分をゴッドの使者を呼び、第三次世界大戦がファティマで聖母マリアの現れの100周年2017年5月13日勃発と予言している。 上記の例により、聖母が表す旅に、世界中のクラッシャー(世界戦争、疫病など) について予告すると、それは人類の不祥の点であり、民間に対して禍根の天女である。そういう偽造は「暴力・暴乱・威嚇」というカトリック宣伝脅威手段に逆効果出てしまい、間接に真っ白・博愛とカトリック人口が賛美している聖母のイメージを汚された。仏教の世界観により、神聖(仏陀・聖僧・菩薩)が表す旅に、人類に対し大吉祥であり、なんでそんな上記聖母予言みたいな偽造があるのか。さらに、聖母の現れは毎日シェパード・牧師が毎日ゴッドと霊性接近し、祈っているが啓示されずに、三人の羊飼い子供しかしらなかったのか。子供たちの言葉は信用できるか。これは湛えスキルゲームであり、進路も(威嚇で聖神の現れを利用し信用を広める)後退道(事実が漏れちゃう場合、子供のせいだ)もある。 世界が警報レベルほど対立争いが潜在しているたびに、また迷信カラがある旋風が急増して来る。ほとんどはカトリックが偽造している。聖母はだれか。なんの権を持って、こっちの国、あっちの国を利用して世界を破壊する権があるのか。バイブルによると、マリア(聖母の世名)は普通の女で、ぜんぜん修しなかった。死後六道の輪廻に転生されるのは当たり前だ。もしカトリックに真っ白聖母と呼ばれるマリアは天上に転生したら、天界も天規があるので、本天女がどこにも行けるわけではない。欲界天においても6階があり、下階の天人は上階にいけなし、四王天の天女はとう利天にいけなし。 さらに、欲界天において、毎日快楽を楽しんで、地上の王国について考えるのはない。生まれたら、億万長者の子供になり、日々飢渇について考えないのようだ。だから、聖母が現れ、泣き、誰に予言することはないはずだ。全部は政治・霊性に関する意図のある嘘であり、公開・明確精神と因果の知恵に値しない。 二回目の手段は占いのお告げを利用し、それも無理作意であり、迷信だ。どうしてのか。まず仏教の論点を基づき論解する。 地上の人たちは未来を見たい場合かならず天眼を開き、未来見るため三禅以上を得程しないといけない。禅の定レベルにより、八定という定心八レベルが分かれている。得定するために、行者は9レベルの住心を体験しないといけない:住心・継続住心・再住心・完全住心・征服心・心静心・完全静心・一心・定心であり、入・出の息で練習する。 息禅はカトリック・プロテスタント回教ユダヤオーソドックスにはない。彼らの修法は「願・眺」という2つ法しかない。それは禅定に関しない。 ここから考えると、ゴッドの使者ホラシオ・ヴィレガス氏は未来について予知・予言できない。彼も神学者と呼ばれ、禅学者・禅氏・禅者じゃない。だから彼が書いたこととしゃべったことは無価値であり、迷信者に恐れを普及したので大変悪い影響を与えた。彼はただ「信じている」といったが、「見えた」ではないという意味だ。高得定している禅者は「あっちで、その国で、その人が10年後、100年後、1000年後」と言う。「誰は未来が見えられるか」という記事をご覧ください。 ヴァンガババが未来について書いた物を読んだのか。または事故が発生して、一生懸命現像を解読してあるのか。 次、ヴァンガはだれか。なんで盲予言者ババ・ヴァンガと賛美されているか。幼少から結婚するまで禅定実行もとよりどこで修したかということも資料がない。それで彼女が予言したことは無価値だ。住んでいた時、彼女がなにかが予言できたと言われて、それは迷信手段だ。予想できるということについて深く調べたい場合、13つの「鬼事」記事をご覧ください。 本当にヴァンガババが未来について書いた物を読んだのか。または事故が発生して、一生懸命現像を解読してあり、自分を自慢するため本当ふりをする。 ヴァンガババは10年・50年前に書けると、なんでみんなさんは事前に対策を考えずに、事故が起きる後を待って、「魔を見えるように占い、ゴミを見えるように家を掃除する」じゃないか。やはり口が軽い人たちだ。 ここから憶測すれば、占いのお告げはずれている。合っても、それは人間が自分で結果後・推測のように解読している。時々、個人・組織の意図のため作者の意向と違って推測することもある。ベトナムでは「TRANGTRINHお告げ」がある。実際そのお告げはどこから生まれたの。文字でTRANGTRINHが作品を残したの。全部は人間中に口伝しかない。不良占い師のように推定しちゃた。例として「僧が立国、天が言われない」の場合、文字通りはかなり分かりやすい。僧は出家し仏修しても覇王意図を持っていると天が助けないはずだ。 しかし、その時代の人は「僧はは私国を奪いに来るヨーロッパ人を指め、天が許せない」という違う理解し方により説明した。 アエン・ビン・キアム氏は仏子であり、法名は白曇居士だった。もちろん因果規則を理解できる。 深心からアエン・ビン・キアム氏が予言したと信じない。なぜかというと、かれは仏子であり、法名は白曇居士だった。もちろん因果規則を理解できる。さらに、仏陀は行者が未来予言・占いなどしない方がいいと言われた。だからTRANGTRINHのお告げについて伝説は具体的な状況に人間に偽造された。 なんの場合問わずに、推測者・解読者は仏門戒律により他人被害嘘付き・口軽い言葉言うということ違反した。無根拠聞き伝えは法律の議定28/2017/ND-CPにも違反している。八卦を占う・霊媒・お告げなどを広めると300万から500万まで罰金される。なんで正当なニュースサイトはこんな消極的な翻訳記事を掲載しているか。罰金されるか。上司を軽視しているか、安いコートを着りたいのか。 すべて衆性が悟りの状態で起きると祈る。 オン・アー・フン 2017年4月24日 PHUOC THANH村 Thinley – Nguyen Thanh 原作:Thinley Nguyen Thanh導 師 日本語翻訳者:Mat Thai Duong —————– Vietnamese version: ĐIÊN ĐẢO TÀ THUYẾT TẬN THẾ VÀ NHỮNG KẺ GỌI LÀ THIÊN HẠ ĐỆ NHẤT CHÉM GIÓ! Japanese version: クレージーハルマゲドン邪説及び天下一誇大妄想狂 Chinese version: 顛倒邪說末日與那些所謂的天下第一吹牛! Korean version: 최후의 심판의 날에 대한 사설의 혼란 및 천하 제일 뻥치는 사람이라고 부르는 자


Vui lòng đăng nhập để xem tiếp nội dung bài viết. (Danh sách bài cho bạn đọc chưa có tài khoản tại đây). Please login to read more... (Posts for whom haven't owned account are here)

Existing Users Log In
   
DMCA.com Protection Status