Sep 23, 2015

Posted by in Ứng dụng thực hành | 25 Comments

心配なことを止めて、嬉しい生活を楽しみましょう!(Quẳng gánh lo đi mà vui sống!)

私はもともと優しくて、むっつりで必要ないことを心配しっぽいです。しかし、仏教について見聞を広めたおかげで、私の考え方はだんだん楽観的に変わっていました。以前、私にとって、仏教は抽象的なものなので、さっぱり分かりませんでした。お母さんと一緒にお寺に行った時、遊びに行くみたいだけで、仏教の知識を身に付けたことはない。でも、この間はご縁が足りたかもしれないと思って、妹の友達のおかげで、私は仏教の道を見つけられただけではなく、深い知恵を持っているグル(密宗(みっしゅう)先生)も見つけられました。生活はもともと無常わけで、必要な心配だけして、不要な心配をしないようにとグルから教えて頂いた。私のグルから独特の工夫したchanhtuduy.comというウェブ・ページの中に、私に強烈な印象を与えた記事は「心配なことを止めて、嬉しい生活を楽しみましょう」というものです。それで、私のグルに心から感謝をこめて、私は読者に特効がある合言葉を紹介される目標として、この記事を翻訳させて頂きます。 心配なことを止めて、嬉しい生活を楽しみましょう! お金持ちでも、貧しくても、ほとんど誰も心配なことがあると思います。誰でも心配なことを止めて、幸せな生活になりたいという願望を抱くでしょう。「心配なことを止めて、嬉しい生活を楽しむ」という有名な教訓には成功なフランスのビジネスマンのです。しかし、効果的に心配なことを止めるために、各人は別々に行うわけです。 心配なことを止めてください 仏は、人類が不安憂鬱(ゆううつ)の原因として苦しみの8種類(八苦)があることを教えました。根本的な苦を生・老・病・死の四苦とし、根本的な四つの思うがままにならないことに加え、愛別離苦(あいべつりく) – 愛する者と別離すること、怨憎会苦(おんぞうえく) – 怨み憎んでいる者に会うこと、求不得苦(ぐふとくく) – 求める物が得られないこと、五蘊盛苦(ごうんじょうく) – 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないことなどです。 この八苦はおよそ84,000不安, 心配を引き起こす次代です。誰も自分を束縛する心配がなくなることを希望します。仏様は転法輪聖書に記載されている不安を取り除く方法を教えました。これは崇高(すうこう)な四諦(したい)真理(苦諦(くたい)、集諦(じったい)、滅諦(めつたい)、道諦(どうたい))を考慮してから、修行者は八正道(解脱する為8つの道)という論理どおり実験すると、一段と達成する結果があります。密宗仏教(Tantra)の中に問題を解決する方は合言葉を通して、外にエネルギーを開拓する為に練習しる事で簡単な方法です。 では、合言葉は何だろうか。合言葉というのは一番いい座禅(ざぜん)状態の時、仏様の不可思議な言語であり、宇宙に全て特効があるエリートから総括(そうかつ)するした仏と吉祥天(きっしょうてん)の言葉です。 マニという合言葉、六字大明 マニという合言葉、六字大明 合言葉はサンスクリットで “マントラ”(Mantra)であり、心配と不安を取り除く心識保護という意味です。すなわち、合言葉は嬉しい事を持て来いて、苦しいことを救う手段です。この合言葉の機能は 密宗(みっしゅう)聖書に記述(きじゅつ)されました。しかし、主に合言葉は敬愛(合言葉を読む人に対して、人、天、鬼神(きしん)を私淑(ししゅく)されています;増益(ぞうえき)(生活に利益が増えている。たとえば:寿命、健康、成功など);消災(多いものから少ないものに変更して、少ないものからなくなるものに変更するルールを通して 災(わざわ)いが減る);鈎召(はりしょう)(宇宙の微妙なエネルギーを集中できる);降伏(人間に破壊される不可視勢力という御化けを除去すること)などの重要な機能五つを含みます。楞嚴(ろうきび)法会の時、仏様は菩薩(ぼさつ)でも合言葉を念じると教えました。それで、合言葉は人間に本当に効果的を持ってるわけです。首楞嚴經から合言葉の権力を感じします。「もし、我々の心が混乱したら、一生懸命にこの合言葉を念じるのは日夜に84000金剛守護神様から自分に護衛(ごえい)をつけられるわけです。鬼神とお化けは乱暴したくても、ぜんぜんできません」と書いてあります。 上に素晴らしいことにより、我々は合言葉のような「武器」で世間の粗い心配を排除るすということは実際に大したことはない。我々は 練習したいかどうか、一生懸命に練習するかどうかに過ぎない。普通、ベトナムのお寺にベルとともに大きい声で合言葉を読むと異なって、合言葉を念じると言われました。合言葉を念じるというのは襟に聞こえるだけで、考えに小さい声わけです。合言葉を念じるというのは規定した儀式どおり一生懸命に実行することです(心を変更する方便の為、合言葉を持てる)。合言葉を念じるのは「口決密宗」の章(しょう)に蓮華生大師(れんげせいだいし)によって教えられた以下の6つの方法を含みます。 – 金剛念はくびかざりの所だけに聞こえるという念じること。 – 金剛(こんごう)の訛(なま)りがある念じるのは大きい成就の練習場面で使用されています(タントラの練習の四段階目)。 – -金剛(こんごう)の秘密は心の中で静かに念じる。 -論遠という口を出る合い言葉として構想され、腹に入り、再び心臓の中心部へ消えます。 – 花輪のとおり念じるのは 心に合言葉の花輪を中心に回転してから、音で考えを集中して念じすること。 – 各音に集中する念というのは合言葉の音に別の意志を集中しながら念じること。 密宗を修行たたばかりに限り、念のため、普通3番と6番の方法で実行して、歩き、立ち、横になり、座る時も使えられます。例えば、薬を使えると同じ、珍しい薬を使えば、使えるほど忌(い)み嫌(きら)いが多いわけです。合言葉を念じる時下記に規定を守らなければなりません。 合言葉を念じることを途中に止めて、他の人に話すな。 合言葉の機能を減らさないように大きい声でねんじるな。 合言葉の機能を減らさないように人がいる所に痰を吐くな。 合言葉を念じる時、結跏(けつけ)という姿勢のは一番いいです。縦になる背中、横になる肩、ちょっと倒れる首、上側に手のひら、舌で口蓋(こうがい)をいじる、鼻の側に見るなどです。これは合言葉を念じるのは「口決密宗」の章(しょう)に蓮華生大師(れんげせいだいし)によって教えられました。 よく心配する人に対して、心配する事を止める為、下記の事を注意してください。修行者は合言葉を念じるからには、清浄的な口を守る為、世間のお話を止めしないといけない。修行者は真面目な七点姿勢(蓮華七点)を座る時、清浄的な身体を守ります。特別なことは念じるとともに、歩き、立ち、横になり、座る時でも、身体を守るわけです。一心に合言葉を聞く為、もちろんは普通な生活を考えないと、清浄的な意を守ります。清浄的な身と口と意の期間は身頃が仏様になるみたいです。仏様になるみたい時、心配な事、悩んだ事がない次代です。 つまり、それは修行者の「自力」、すなわち自分の力によって、実行する事です。さらに、「他力」というのは、心配なことを止めて、嬉しい生活を楽しむ為、仏様、観世音様から影響された不思議なことです。観世音様から合言葉を念じる時、正当なお願いが事実になると言われました。事実にならないと、観世音様は正等正覺にならないはずです。そこで、合言葉は観世音様に接する橋と同じ、奇妙なアンテナみたいです。修行者のお願いを叶えてあげるわけです。 観世音様・観音四手様・チベットの原型 観世音様・観音四手様・チベットの原型 そのような信頼を再起動したら、仏様、観世音様のおかげで、修行者の日常の悲しみの難しさを心配もうなくなりました。一生懸命に念じるのさえすれば、ほかにはなにもいりません。その時、自力は他力があるわけです。八 大人 覺 經の中に「 他力も自力を補助しますから、悩むことを破して、お化けの四つ種類を回収して、地獄(じごく)を離れて、実行が順調的になる一方です。」と書いてあります。ご存じだったら、読者は自分によって、決めてみてください。線があるに正当なお願いが事実になるように祈ります。 作者:グエン・タン 訳者:マット・ホアン・ハ Người dịch: Mật Hoàng Hạ Bản gốc tiếng Việt: Quẳng gánh lo đi mà vui sống | CHÁNH TƯ DUY


Vui lòng đăng nhập để xem tiếp nội dung bài viết. (Danh sách bài cho bạn đọc chưa có tài khoản tại đây). Please login to read more... (Posts for whom haven't owned account are here)

Existing Users Log In
   
DMCA.com Protection Status